助産師の職場-助産院で働くメリット-

助産師が活躍する職場のひとつに「助産院」があります。現在、日本には300を超える助産院がありますが、そこでは約2000人の助産師が働いていると言います。

助産師は、看護師の延長上としてイメージされている方もいるかと思いますが、医師と同じく開業権を持つことができる、特別な職業です。病院の産婦人科で働く場合、産科医師のサポート的な役割を務めますが、助産院では助産師が主体となって業務を進めていきます。

自宅を助産院として開業しているケースも多く、そうした助産院では、私服で働くのが一般的です。どこの助産院もアットホームな環境が特徴ですので、リラックスして出産に臨めると妊産婦さんにも人気があります。

また、自宅で出産したいと希望する妊産婦さんの要望にも応えることが出来ます。妊産婦さんの意志を尊重してあげられることも、助産院で働く魅力ですよね。助産院の場合、妊娠中の検診から出産、産後のケアや育児まで、妊産婦さん一人ひとりと密に接していくことができますので、両者の間には大きな信頼感も生まれます。

近年、少子化の影響によって、多くの女性は自分が出産するまで、まともに赤ちゃんと接する機会というのはほとんどありません。その為、いざ自分が母親になった時、どのように世話をすればよいのか当惑してしまうと言います。

加えて、核家族化が進んだことで、子育てについて相談できる相手が身近にいないと一人問題を抱え込み、ノイローゼになってしまう女性も少なくありません。助産師は、こうした女性達の力になってあげることも、重要な役割のひとつです。

助産院は、病院のように面会や出産の立ち会いが制限されている訳ではありません。妊産婦さんだけでなく、家族を交えての付き合いになることもありますので、人とのつながりを大事にできるのも助産院ならではです。

出産介助はもちろんのこと、赤ちゃんがまだお腹の中にいる時から、産後すくすくと元気に育つ成長過程までしっかりと見届けることができるのが、助産院で働く一番のメリットではないでしょうか。

デメリットを挙げると、ひとつに勤務時間があります。出産は手術とは異なり、スケジュール通りにいくものではありません。その為、助産師は基本的に、勤務時間が不規則になります。病院に比べれば忙しさは軽減されますが、少人数であるために予定外の出勤を余儀なくされる場合もあります。

また、助産師は医師免許がある訳ではありませんので、妊娠中に異常が発覚した際は病院へと移さなくてはなりません。つまり、自然分娩しか扱うことができない、ということも、助産院における最大のデメリットと言えるでしょう。

出産は、予想していなかった様々なトラブルが起こります。もちろん、出産は自然分娩であることが望ましいですが、万が一何か起こった時に助産師として適切な判断を行う為にも、こうしたトラブルに立ち会っておくことは今後の大きな力となるでしょう。

その為、あまり経験のない助産師は病院でしっかりと経験を積み、ゆくゆくは立派な助産師として助産院で働く魅力を味わってみるのが良いかもしれません。

ページの先頭へ