助産師の給与の実態

助産師は資格取得までの道のりが険しく、時間も費用もかなり掛かる職業です。また、看護師からステップアップする方も多いため、一般的に高給取りといったイメージがあります。しかしながら、実際には驚くほど高給取りということはなく、およそ月収25万円前後の月収であるといわれています。

もちろん、助産師の年収は勤務先となる医療機関や施設、助産院によって給与は大きく異なりますが、平均すると30代で年収約400万円前後、40代で500万円前後といったところのようです。

この月収・年収は女性としては高収入といえる水準であるのに違いはありませんが、看護師と比較するとそれほど差がないという点に、ちょっと意外性を感じる方もいらっしゃるかもしれません。 とはいえ、助産師のほかの医療従事者同様、全国的に人不足となっており、過疎地などでは高い給与を得られるケースも多いようです。

都市部においても、近年、助産師需要は高まりつつあるため、給与水準は緩やかに伸びてきているとも言われているため、将来有望な職種であることには間違いないといえるでしょう。 また、助産師は看護師同様、夜勤や休日出勤が多い職業でもあるため、拘束時間が長い分、一般的な職業よりも手当を多くもらえる傾向にあります。

給与水準自体は各医療機関・助産院によって異なってきますが、手当や賞与などは、どのような勤務先であろうとしっかりと支給される傾向にあります。そのため、時間当たりの収入という観点からみれば、看護師よりも収入が多いとも考えることができます。

助産師の給与を考えるときに見逃しがちなのが、初任給の低さです。助産師の初任給はほかの医療従事者と同じか少々高い程度のものとなっており、平均すると17万円程度だといわれています。

ただ、存続年数や実績を重ねることで着実に給与が伸びていきますし、一般職の女性のように、30代前半で給与の伸びが止まってしまうということもありません。そのため、助産師が転職・就職を考える際には、初任給だけでなく、給与の伸び率なども考慮しながら勤務先を検討することが重要となります。

ページの先頭へ