助産師の行うことのできる行動とは

助産師はその名の通り、助産行為を行うことのできる資格です。しかしながら、助産師が出産において単独で行える行為には制限があります。たとえば、正常分娩後の臍帯の切除は、一見すると医療行為に見えますが、法律の規定に定められた助産行為となるため、助産師にも行うことが許されています。

しかし、正常分娩以外の症状や状態に対する行為はすべて認められていないというのが現状です。また、多くの助産行為の規定は、意外なことに法律でも明確に定められておらず、状況に応じて助産師の判断に任せられているというのも事実です。

助産師が単独で行うことのできる助産行為は、正常分娩のみと定められていますが、この範囲には妊娠期間も含まれています。そのため妊娠期間中に少しでも異常があった妊婦さんの場合、助産院での出産ができなくなります。

加えて、妊娠期間に全く問題がなく、出産を助産院で行う場合にも、分娩中に少しでも異常が生じた場合には、助産師が病院などへ速やかに連絡する義務が課せられています。

最近は、病院よりも身近で親しみが感じられる出産場所として助産院に注目が集まっていますが、助産師が正常分娩のみに行動が制限されている以上、ある種のリスクが伴います。母体が健康でアレルギーなどの問題が全くない場合でも、分娩中にどのような問題が生じないとも限りません。

そういった時に、助産師はどのような手立てを講じることもできないという問題があります。 ここまでは助産院で働く助産師の行動についてご紹介してきましたが、病院の産婦人科などで働く助産師の場合はどうでしょうか。病院勤務の助産師は、単独で出産に立ち会う機会は意外に少なく、産婦人科医の補助としての役割を担うことが多くなっています。

また、最近では助産師外来を設ける病院も増えてきているので、医師に代わって問診や検査を行うことも少なくありません。さらに、助産師は看護師資格を持っているため、病院勤務の場合には、看護師の業務を兼任することもあるようです。

ページの先頭へ