助産師、仕事と子育ての両立について

働く女性の多くが直面するのが、仕事と出産・子育てとの両立についての悩みです。近年では男性の育児休暇なども話題となっていますが、そうはいっても出産は女性にしかできない大仕事であり、育児も大切な女性の役割の一つです。

助産師の職場として多いのが病院、診療所ですが、当然24時間体制でお産に備える必要があり、普通は「夜勤、残業有り」の条件で求人が出されます。

そういった出産の現場で責任とやりがいをもって働いていると、妊娠で体調が悪いからといってもつい我慢してしまったり、産後復帰して、お迎えの時間だけれど仕事を抜けにくい・・・という状況も多くなるでしょう。

そんな悩みから助産師が仕事を離れてしまうのを防ぎ、助産師不足に歯止めをかけるため、近年では病院側もいろいろな対応を工夫しています。 出産後の助産師の職場復帰で不安なことは、子供の保育環境の確保と、ブランクです。前者については、院内の保育施設を充実させる病院が増えています。

後者のブランクに対しては、復職支援のための研修が行われたり、勤務開始時には週に何度か半日勤務の日を設けたり、しばらくは日勤のみで勤務するといった対応で、助産師が徐々に職場に体を慣らしていけるような体制を取る病院もあります。

新人研修時のように、しばらくは在籍中のベテラン看護師と組んでブランクを埋めていくケースもあります。そうはいっても、このように「出産・育児をこなす助産師をバックアップしよう」という姿勢の病院が多いというわけではなく、求人を探す際には、効率よく的を絞って転職活動を行う必要があります。

実際に「育児支援充実、研修有り、ブランク歓迎」と謳っていても、実際に働いてみるとそのような支援はなかった、という経験談も見られ、求人内容の吟味も必要になってきます。 日勤可能な助産師の職場として、求人数は少なめですが、地域の保健センターでの母子サポート業務や、まずはパートやアルバイトから復帰するという方法もあります。

自身の家庭環境ではどのぐらいのバランスで仕事と育児を両立させることができるのか、また助産師は長く続けられる業種であるからこそ、自分のライフプラン、キャリアプランと合わせて、勤務先を選ぶ必要があります。

おすすめなのは、転職支援サイトへ登録して、育児支援・復帰支援が評価されている病院の求人を紹介してもらうことです。業界に詳しい専任のコンサルタントがつくので、不安なことを相談して質問アドバイスを受けたり、わからないことを質問できます。

下記でおすすめする支援サイトは助産師求人数も豊富なので、選択肢も広がります。まずは無料登録をして、自身の目で助産師の求人事情を確かめてみてくださいね。

ページの先頭へ