人間関係の悩み、助産師の転職理由になりやすい?

どのような職業でも、同じオフィスで毎日スタッフ同士が顔を合わせていれば何らかの衝突がおこるものですが、助産師の勤務先として多い病院やクリニックでは、特に人間関係についての悩みが多いと言われます。

何十人~何百人もの看護師とともに働く環境の中で、人間関係が複雑にならざるを得ず、自然と派閥ができたり、上下関係での摩擦が起きやすくなるのです。仕事では常に看護師との連携プレーが欠かせないため、助産師同士の協力はもちろんのこと、看護師とも信頼関係ができ、スムーズに仕事できる環境が理想です。

スタッフ数の割合を見てみると、助産師よりも看護師の割合が圧倒的に多く、助産師の人間関係では「看護師との関係性」がポイントとなってきます。特に注意が必要なのが、新人時期の人間関係の悪化です。初めての仕事や環境では誰でもミスをするものですが、タイミングや環境によっては、そのミスが人間関係にヒビを入れてしまうことも考えられます。

中でも影響力の強いベテランスタッフとの摩擦は、新人の立場を窮地に追い込んでしまいかねません。 助産師になれたばかりの状態でこのような挫折を経験してしまえば、ダメージは大きく、それ以降のキャリアへの意欲を維持するのが難しくなってしまいます。

助産師がケアすべき妊婦さんとの人間関係にも注意が必要です。産前・産後に助産師と妊婦さんが接する機会はそう多くなく、陣痛や破水などでバタバタと入院し、出産完了までの最も慌ただしい時間に、助産師としての主な仕事を行うことになります。

つまり、短い時間でいかに信頼関係を築けるかが重要になのです。経験を積めば自然とコツがつかめてきますが、新人だと緊張・萎縮してしまったり、説明や処置に手間取ってしまうこともあるでしょう。

そんな時に、ナーバスな状態の妊婦さんと摩擦が起こってしまったり、そのことで助産師としての自信をなくしてしまうケースがあるのです。新人時代は誰もが通る道とはいえ、もともとの職場環境が良くなかったためにさらに人間関係がこじれてしまう、ということは少なくありません。

命を扱う現場で人間関係のストレスが仕事に影響を与えては困りますし、自身の健康、そしてキャリアにもひびきかねません。

問題の解決が難しい場合には、より良い人間関係を求めて転職するという方法があります。「実際に働いてみないと人間関係まで分からないのでは?」と思うかもしれませんが、転職エージェントなら、実際の職場環境・雰囲気まで把握していることがあります。

エージェントに悩みを相談することで、新しい道が開ける可能性があるのです。まずは、下記で紹介するおすすめの転職支援サイトを参考にしてみてください。

ページの先頭へ