20代助産師の転職を応援致します!

助産師転職 → 助産師転職・20代の求人事情

助産師転職・20代の求人事情

20代で助産師として転職をする場合、気を付ける点が多々あります。特に気にしたいのが「20代前半と20代後半では、転職事情が大きく異なる」ということです。
助産師の求人転職に強い求人サイトは?

20代前半で助産師資格を所持しているということは、看護師としての実地経験がほとんどなく、助産師専門課程を経て資格取得後、新卒で助産師として就職したことを意味します。

そのため、20代前半で転職を行う場合には、転職活動中に「我慢がきかない人」「すぐにやめてしまう可能性がある人」と判断されることが少なくありません。理不尽に感じる方も多いかもしれませんが、これが20代前半の助産師転職の実情なのです。

一方で、20代後半での転職の場合には、一定の実績やキャリアを踏んでいると判断され、若手ということもあって、転職の可能性は大きく広がります。

20代前半での転職の場合には、職務経歴書に書くことも少ないと思いますが、20代後半ともなれば、履歴書や職務経歴書に書き込む事項も多くなり、実績や経験をアピールすることもできます。これは、転職活動においては、大きな武器となるといえるでしょう。

また、20代の女性の場合、人によっては生活環境に大きな変化が生じる可能性があります。採用する側も、結婚・出産・子育てなどを理由に退職しないか、家庭環境の変化で転職や離職はしないか、といったことを非常に気にする年代のため、注意が必要です。

特に、新婚の場合には、妊娠・出産による離職も考えられますので、人生設計をしっかりと立てたうえで、転職を検討することが重要となります。このように、20代の転職には様々なポイントがありますが、年齢的なことを重視するのであれば、求人は比較的見つけやすい傾向があります。

助産師は体力勝負な部分もありますので、採用する側も、やはり体力・気力のある若い人材を欲しています。20代は実績や経験面で未成熟な部分がありますが、転職を行う際には、若さややる気をアピールした活動を心掛けてみてください。
神奈川県助産師会