助産師が活躍できる場所とは

助産師の活躍の場というと、やはり産婦人科や助産院が一般的ですが、最近ではそのほかの分野でも助産師の需要が少しずつ高まってきているようです。また、産婦人科などで採用された場合にも、出産は医師や看護師が行い、助産師は助産師外来での業務が主体なんて病院も増えてきています。

また、最近では助産師が早い段階から独立開業するケースも増えてきており、自分の自宅を自宅兼助産院として、妊婦さんを受け入れるといった助産師も増加傾向にあります。

最近は、訴訟問題などによって産婦人科医を目指す医師が著しく減少しており、それに伴って産婦人科も減ってきているため、安心して子供を産める場所として、助産院を選択する妊婦さんも少なくありません。

そういった方々の受け皿となるべく、助産師が志を同じくする同僚や仲間と一緒に、助産院を作り上げるという流れもできてきているようです。とはいえ、どんなに志が高くとも、資格取得後すぐに独立開業ができるわけではありませんので、初めのうちは病院や他の助産院でしっかりと経験と実績を積む必要があります。

また、最近では各家庭を訪問し、妊婦の指導やメンタルケアを行う指導員として助産師が求められることも増えてきており、また、人を指導するスキルやコミュニケーション能力が高い方などは、助産師養成学校や、行政施設、大学などで活躍するケースも見られます。

このように、助産師の活躍の場は今や病院や助産院に限られたものではなく、自分自身で独立開業したいという方にも将来が開かれています。助産師は、看護師の資格を取得したのち、さらに、専門教育を修了し難しい国家試験をクリアして初めてなれる職業です。

それだけに、多くの分野で専門性の高い有能な人材として評価され、求められているのです。 ただ、助産師の就職先としては、まだまだ病院の産婦人科や助産院が主で、それ以外の求人は少ないというのが現実です。

病院や助産院以外の場所で活躍したいという方は、日ごろから求人案件に対するアンテナを張り、小さな情報も逃さない工夫や努力が必要だといえるでしょう。

ページの先頭へ